こんにちは。中津まさデンタルクリニック院長の渡部雅友です。

皆様は「ステファンカーブ」と言う言葉を聞いたことはありますか?多くの方は聞きなれない言葉ではないでしょうか。

虫歯を予防していくにはこのステファンカーブを知っておく事がとても重要なのでご紹介していきます。

私達は日常生活において、常に食べ物に触れています。その中で食事をするたびに歯をみがく人もいれば、一日二回の人もいらっしゃると思います。 実は食事ごとにお口の中の環境は常に変化しているのはあまり知られていません。

『ステファンカーブ』とは?

人間の口の中の歯垢のPH(ペーハー)変化を示したグラフです。PHとは酸性とアルカリ性の度合いを示したものです。PH値は食事をとることに変化していきます。ステファンカーブでは食事をとるごとにお口のPHがどのように変化するのかが分かるものになります。お口の中のPHは普段はPH7に保たれています。しかし、お口の中に食べ物が入ると、すぐにPHは酸性に傾きます。そしたPHが5.5になると歯は脱灰が始まります。(脱灰とは歯の表面のエナメル質が溶け出すことです。)この脱灰が繰り返されると虫歯になってしまいます。しかし、人間の口腔内には唾液が流れていて、唾液がお口に中を中性に戻してくれます。これを 再石灰化 と言います。お口の中を汚いままに放置したり、常にダラダラと食べ物を食べる・甘い炭酸飲料を飲んだりすると 再石灰化 促進の妨げになってしまいます。よって食後はなるべくお口の中を綺麗に保ち、 再石灰化 を促進させていきましょう。

ステファンカーブって何? | 奏の杜の歯科医院|津田沼駅南口すぐの新 ...

○酸性に傾きやすい食べ物

ここからは酸性に傾きやすい食べ物について解説していきます。

酸性に傾きやすい=糖度の高い食べ物

甘いスイーツ・スナック菓子などが酸性に傾きやすい食べ物の代表と言えます。絶えずアメをなめる行為も注意が必要です。この他にも飲料水では、甘い炭酸飲料・ジュース・紅茶・コーヒーなども注意が必要です。また、強い酸のもの(レモンや酢、ワイン)は酸性に傾きやすいと言われています。

しかし、あまり神経質になる必要はありません。特に問題点としては「ダラダラと食べ続ける」ということです。食事時に適度に摂取する分には唾液の働きによって再石灰化で正常にしてくれます。また予防として、食事が終わった後に口をゆすぐだけでも効果があるので行ってみて下さい。

○唾液の効用

実は唾液には様々な役割があり、お口の中を正常化してくれているのです。

具体的な効用としては・・・

①食事で摂取した糖分や酸を洗い流す役割

②酸性に傾いたお口の中を中和する役割

③歯の再石灰化する役割

この3つの役割はお口の中を健康に保つにはとても重要なものです。これらは唾液が少なくなったりすると十分に機能することが出来なくなってきます。唾液はとても重要な存在ということを覚えておいてください。

虫歯について|下関市の歯医者「よつば歯科クリニック」

分からないことや気になることがありましたら気軽にお問合せ下さい。

中津まさデンタルクリニック 06-6373-8825

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA