こんにちは。中津まさデンタルクリニック院の渡部雅友です。

皆様は「8020運動」と言う言葉を聞いたことはあるでしょうか?これはなんでも美味しく食事をとるために「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。以前のブログでも少し紹介致しましたが今回はより詳しく紹介していこうと思います。

歯の残存数が多いと・・・

食事だけではなく、健康で豊かな人生が送れるかということにも大きく影響しているのです!

影響①「歯が少ないと」

歯ごたえがあるからこそ美味しいものはたくさんあります。しかし、歯が少なくなると食べれるものは限られてきてしまいます。好きなものを食べれるということは、豊かな人生を送るのに必要不可欠です。歯を多く残し、不自由のない食事をしていきましょう。

影響②「健康寿命」

健康寿命とは「元気で健康に自立して過ごせる期間」のことです。豊かな人生を送るには、ただ長生きするだけではなく「健康寿命」を長くすることが大切です。実はこの健康寿命は歯の本数が大きく関わりを持つことが分かってきました。たくさん歯が残っている人ほど「健康」も「健康寿命」も共に長くなります。健康で長生きするためには歯はとても大切のものなのです

影響③「認知症発症は1.9倍!転倒は2.5倍!」

歯の本数は認知症や転倒リスクにも大きく影響しています。

歯がまったく無く、入れ歯もしてない人は歯が20本以上ある人に比べて認知症リスクが1.9倍高くなるという調査結果が出ています。また「歯の残存数が19本以下で入れ歯をしてない人」は「歯が20本以上ある人((歯がなくても入歯で噛み合わせが回復している人)」と比べると転倒リスクが2.5倍にもなるのです。転倒することが原因で寝たきりになってしまう高齢者は多く、認知症リスクと合わせて見てみても歯の残存数と健康じ寿命の関係性が見えてきます。

●歯を守るためには

高齢になって歯を失う大きな原因は「歯周病」です。

歯周病は、歯ぐきが腫れるだけではなく、歯を支えている骨までも溶かしてしまいます。自覚症状があまり見られない為、気づいたら抜かざる得なくなったなんてこともあります。そうならないためにも自覚ななくても定期的に歯科検診へ行くことをオススメします。

●歯を失っても諦めないで!

歯を失ってしまっても、入れ歯やブリッジなどの方法で機能を回復させることが大切になってきます。失ったまま放置をしていると、残されて歯の寿命まで短くなり満足に噛めなくなってしまうリスクが高くなってしまいます。健康なお口の維持は専門家のチェックが必要になります。

健康な歯の年配の夫婦の無料イラスト | フリーイラスト素材集 ジャパ ...

当院では、検診やカウンセリングなども随時行っております。

ご質問やご相談にもお答えいたしますのでお気軽にお問合せ下さい。

中津まさデンタルクリニック 06-6373-8825

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA