こんにちは。中津まさデンタルクリニックです。(^^♪

今日は、定期検診と、治療費の関係についてお話させて頂きます。

よく「治療が終わったら定期検診に来てくださいね」と、歯医者で言われますよね。中津まさデンタルクリニックでも患者様に定期健診の呼びかけをしています。

でも定期健診にはなかなか行く気になれない、予約したのに忘れてしまったという方もいらっしゃいます。歯の定期検診の役割は主に3つです。患者様のご自宅のケアだけではしきれないフォローを行っています。

  1. ①虫歯・歯周病・その他トラブルが起きていないかのチェック
  2. ②歯石や着色のお掃除
  3. ③自宅での歯のケアのアドバイス

なかなか自身では、初期虫歯や磨き残しには気がつけないものです。定期健診に通っていれば、見つかったとしても初期虫歯の可能性が高いでしょう。初期虫歯であれば、1回、2回の通院で完治して治療費も比較的安く済みます。

定期検診は高い?でも通うことでお財布にも健康にも良い

日本の定期検診の料金(3割負担の方)は1回2000円~3000円程度ですが、当院が推奨している年に3~4回の通院をすると10000円程度になりますね、ちょっと高い・・・という気持ちになりますよね。(^▽^;)

しかし実は、日本の歯医者の治療費は先進国の中ではかなり安いのです。

1つの治療費を例にとると上のグラフのようになります。アメリカなどでは治療費は全て自由診療ですから治療費は非常に高くなります。日本の保険制度は、歯の治療を受けやすくする優秀なシステムなのです。

が……そこが実は落とし穴!!

日本は治療費が非常に安いので、気軽に歯科治療を受けられるのはよいのですが、実は

安いからいつでも治せる」ということで、日本人はあまり歯のメンテナンスをしない

という特徴があります。

ですが、歯は治療を繰り返せば良いという訳ではなく、削って削って何回もの治療に耐えられなくなると抜歯になってしまいます。抜歯になると、また治療に高額な料金がかかってしまったりとどんどん悪循環に陥ります。

なので、定期検診にはきちんと歯を守る意味があるのです。

中津まさデンタルクリニック

06-6373-8825(歯はにっこり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA