こんにちは。中津まさデンタルクリニックです。今日はインプラントについてお話をさせて頂きます。

皆さんは、自分の歯を失ったときにどうすれば良いのかイメージできますか??

そのまま放置する、入れ歯を入れる、歯を繋げてブリッジにする、他の歯に負担をかけないようにするためにインプラントを入れる…治療方法は様々です。

1、歯がないまま放置したら??

 歯がないままそのまま放置をすると、周りの歯に影響が出てきます。倒れてきたり、伸びてきたり、元々の噛み合わせからどんどんズレて変わっていってしまうのです。噛み合わせがズレていくと、どんどんトラブルがでてきて、歯の寿命に関わってくることも多いです。以上のことから、まず放置はしないほうが良いということがわかりますね。

2、インプラントとは?

歯を失った際、入れ歯を入れる、歯を繋げてブリッジにする、他の歯に負担をかけないようにするためにインプラントを入れるなどの様々な治療方法から今日はインプラントについてお話します。

インプラントとは自分の歯を失ってしまった際に、一番良い選択肢として人工歯根を骨に埋め込み、他の歯に負担をかけることなく、噛みやすい歯を作る治療方法です。

インプラントは骨に埋入するので、むし歯にはなりませんが、残念ながら歯周病にはなります。

ですが昔と比べ、定期的にメンテナンスをする方も多く増え、インプラント自体の寿命もグンと延びてきています。

また、メンテナンスはインプラントは勿論のこと、ご自身の歯を生涯保つために一番大切なことです。

インプラントも優れた治療法ですが、どの治療法であってもご自身の歯に勝るものはありません。

まずは定期検診を、そして治療が必要な場合は一緒に相談をしていきましょう。

06-6373-8825(歯はにっこり)

中津まさデンタルクリニック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA