こんにちは。中津まさデンタルクリニックです。

先日、緊急事態宣言が発令されました。

当院では、引き続き消毒、滅菌、換気、適切な距離を保ちながら診療を行っております。

ご不安な方はお気軽にご相談くださいませ。

さて、今回は喫煙と歯周病の関係についてお話させて頂きます。

煙草は、身体に害があるというのは皆様もご存じだと思います。

実は…喫煙はお口の中の病気にも密接に関係しているのです。

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。

ニコチンは「ヤニ」という形で歯の表面に残ります。

歯がざらざらしてバイ菌が張り付きやすくなるのはもちろん、いつまでもお口の中や歯肉にニコチンが停滞することになります。

喫煙者の方は、歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすく、ひどくなりやすい、更に治療しても治りにくいことが解っています。

歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に上昇し、また、重症化しやすくなります。

よく喫煙者の患者様で、「普段は歯磨きでも血はでないのに」とおっしゃられます。

そうなのです。そこが煙草の怖いところで、タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなるのです。

実際に治療を始めても非喫煙者に比べて歯茎の治りは悪く、手術を行ったとしても治癒の効果が非喫煙者に比べ低いです。

タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」は身体の組織への酸素供給を妨げますし、「ニコチン」は血管を縮ませるので、

体が酸欠・栄養不足状態になります。

ニコチンは体を守るための免疫の機能にも害を及ぼすので、病気に対する抵抗力が落ちたりアレルギーが出やすくなります。

また、傷を治そうと組織を作ってくれる細胞の働きまで抑えてしまうので、手術後も治りにくくなります。

いかがでしたか?

喫煙は依存性もあるため、なかなか禁煙をするのも難しいかもしれませんが、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

一緒にお身体、お口の中の健康を守っていきましょう。

中津まさデンタルクリニック

TEL:06-6373-8825(歯はにっこり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA