こんにちは、中津まさデンタルクリニックです。

だんだんと、寒さが少しづつ和らいできましたね^^

皆さん、いかがお過ごしでしょうか??

今回は『親知らず』についてお話させて頂きます!

親知らずが生えている方は、「抜いた方が良いのか、、、少し違和感があるが、そのまま置いていて大丈夫か」など、一度は考えた事はありませんか??

親知らずの生え方次第では、様子を見る場合もありますが、 一度でも口腔内に違和感を感じた場合は、放置しない方が良いです。

親知らずには様々な生え方があります。

・まっすぐ生えている

・埋まっている

・半分見えている

・斜めに生えている

・横に向いている

など、ご自身で当てはまるものはありますか??

これらの親知らずはそのまま放置して しまうと、様々な影響を及ぼすこともあります↓

☆親知らずが斜めに生えていたり、少ししか生えていない

この場合は歯磨きをするのが難しく、磨き残しが多くなります。

磨き残しを放置すると歯茎に痛みを感じたり、歯肉炎や虫歯に繋がるリスクが上がります。

また、磨き残しが多いということは、隣接している歯も虫歯になる可能性が高くなります。

☆ストレスや疲れなどで症状が悪化しやすい

忙しくて疲れやすくなったりストレスが溜まりやすくなると、体の抵抗力も弱くなりやすく、歯茎が炎症を起こし痛みを生じることもあります。

また妊娠中は、ホルモンバランスも崩れやすくなるので、口内環境が悪化しやすくなります。

☆歯並びに影響する場合がある

横や斜めに生えている親知らずは、手前の歯を強く押しているので歯並びのバランスが悪くなったり、噛み合わせが合わなくなる可能性があります。


歯並びが乱れると、1本1本を綺麗に歯磨きするのが難しくなります。

そのため磨き残しが多くなると、親知らずだけではなく健康な歯が虫歯になってしまうリスクや歯茎が腫れる可能性も高くなります。

このような症状を起こさないためにも

歯科医院でレントゲン写真を撮ってもらい、ご自身の口腔内をしっかりと把握することが大切です。

そして、担当の先生や歯科衛生士さんと

親知らずをどうしていくべきか、計画を立てながら治療していくことをおすすめします。

いつでもご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA