こんにちは。中津まさデンタルクリニック院長の渡部雅友です。

近年「予防」という言葉を耳にすることが多くなってきたのではないでしょうか。予防とは虫歯や歯周病になってからの治療ではなく、なる前に予防することが大切になってきます。歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日のセルフケアや歯科医院で行うプロケアの両方を用いて予防歯科を実践していくことをお勧めします。この予防歯科に対して日本人は「痛くなったら歯医者にいく」という考え方が多いのに対して予防歯科先進国では「痛くなる前に歯医者に行って予防しよう」という考え方です。このことは定期検診の受診割合いを診れば意識の違いがはっきりとしてきます。予防先進国では歯科定期検診率が80~90%に対して日本はわずか2%になります。予防先進国のスウェーデンでは80歳で歯が20本残っているのに対して、日本人は9.8本になっています。同じ80歳でも日本人の場合は「年を取ったら歯が抜けてしまうのが当たり前」と思っている人がいるとは思います。しかし、80歳になってもメンテナンス次第では20本残すことが可能になっているのです。他の国では80歳になっても自分の歯できちんと噛めるようにメンテナンスを行っているのです。

●予防することによってのメリットとは?

予防することでたくさんのメリットがあります。予防習慣を身につけることによって虫歯や歯周病を予防することはもちろんのこと自分の歯の寿命を延ばすことができます。また早期発見や早期治療をすることによって処置も早くでき患者様ご自身の負担も減らすことができます。このほかにも生活の質が上がったり、認知症のリスクを減らすこともできるのです。

●どのような治療をしているのか

①歯石や歯垢を落とす・・しっかり歯を磨いているつもりでも、意外と歯石や歯垢が多く残っていることがあります。磨き残しがあると虫歯や歯周病の原因となってしまいます。歯と歯の間や歯と歯肉の間などの難しい場所はご自分で汚れを落とすことはできないので歯科医院専用のものを使って落としていきます。

②PMTC・・歯磨きなどですべて汚れを落とすことができないバイオフィルムなどは専門の器具によって汚れを落としていきます。PMTC後は歯石や歯垢が取り除かれるのでお口の中もすっきりとしてきます。

③フッ素塗布・・・虫歯を防ぐには、特に小さいお子様はフッ素塗布がとても効果的だと言われています。歯の表面にフッ素を塗ることでエナメル質を強化し、虫歯になる原因の酸に対する耐性を上げてくれます。虫歯予防に対する効果が高い上、容量・作用をきちんと守って使用すれば副作用の心配もなく使用できます。3か月~4カ月に一度の割合でおこなうと予防効果も継続してくるので安心です。

●毎日の歯磨きは大切です

むし歯や歯周病の予防をすることはとても大切です。自分自身で行うブラッシングもとても重要なものです。子どものころから毎日行っている歯磨きですが正しくできでいるでしょうか?まず初めに歯ブラシの正しい選び方をご紹介します。毎日のブラッシングに使う歯ブラシですが意外と多くの人が特に考えることなく購入している人が大半を占めています。自分にあった歯ブラシを使うことは歯の健康を保ち虫歯や歯周病予防のためにも大切なものになります。またどんなに優れた歯ブラシでも毛先が開いてしまうと効果が薄れるので一カ月に一回は交換することをお勧めします。 大きさとしては奥まで入りやすいように小さめを選ぶと良いでしょう。硬さは製品によってばらつきがあるため一概には言えませんが歯肉が傷んでいる場合などは柔らかめを使うといいでしょう。

このように予防することでメリットがたくさんあります。何歳になっても自分の歯でたくさん食べれるように歯を大切にしていきましょう。その為には日頃のケアや検診に行きましょう。

当院では初診の方や検診の方も随時ご予約を承っていますのでお気軽にお問合わせ下さい。

中津まさデンタルクリニック 06-6373-8825

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA