中津まさデンタルクリニック
国際口腔インプラント協会・認定医
治療の風景
治療症例/ジルコニアクラウン
大阪市北区豊崎5丁目4-16 viviFURUYA豊崎1階

治療症例/ジルコニアクラウン

Tel.06-6373-8825(歯はにっこり)
スタッフ集合写真

ジルコニアクラウンで修復

ジルコニアとはオールセルミックに分類される修復素材の一つで、比較的大きな詰め物や被せものに用いられます。とても硬いので、オールセラミックでありながらも力のかかる奥歯で使用可能。最近ではジルコニアセラミックをメインで用いるケースが増えており、信頼性の高い材料と言えます。

症例紹介

主訴

上顎大臼歯、白い被せ物を希望。

治療内容

歯の根の治療後、歯型を採ってジルコニアクラウンで審美修復。

通院期間・回数

約二ヶ月、通院回数5回

費用

¥132,000(臼歯価格・税込)

副作用・リスク

強く長く噛み続ける事で破損する可能性。
経年的に取れる、破損する可能性。
修復素材の隙間から二次的虫歯が発生する可能性。

写真1

治療前

写真2

治療後

ジルコニアセラミックがニュースタンダード

あらゆる症例で応用できるジルコニア

コンポジットレジンはもちろん、e.maxであっても適応範囲は決まっています。しかし、ジルコニアは単冠症例であってもブリッジ症例あっても、奥歯であっても応用可能。前歯で用いるケースも多く、ジルコニアセラミックが歯科治療のニュースタンダードと言っても過言ではありません。

WEB予約する